19世紀初頭、技術革新により新しい時代が到来しました。蒸気機関の発明 は、鉄道や蒸気船による移動を可能にし、交通網の拡充をもたらす画期的 なものでした。上流階級の趣味やレジャーのための旅行が定着し、そのた めにフランス人のルイ・ヴィトンがおそろいのキャビンとワードローブのトラン クを開発しました。

1873年からは、エリザベート皇太后の鉄道旅行に、電気照 明、蒸気暖房、トイレを備えたサロンと寝台車からなる豪華な 客車も用意されました。 内装のレプリカは、ウィーン王宮(Hofburg)のシシィ美術館で 見ることができます。 1873/1874年に製造されたサロンと寝台車は産業技術博物 館 Technischen Museum)にあります。 1833年、ロンドン・ロイドを模してオーストリア・ハンガリーおよ び地中海で最大の海運会社「オーストライヒ・ロイド」が設立さ れました。その蒸気船はトリエステから極東へ航行し、当時す でに数多くあったルヴァントの帝国郵便局や東方の帝国・王 室郵便局と ルヴァンの郵便局、帝国と王室の領事館・領事館 とのつながりを確立するために利用されました。 1856年、トレンティーノのルイジ・ネグレリが、すでにレセップ スによって計画していたスエズ運河を1869年に完成させまし た。

アウグスブルク

アウクスブルクの鉄道博物館「バーンパーク・アウクスブルクBahnpark Augsburg」には、シシィ皇太后時代の旧オーストリア南方鉄道の蒸気機関 車415号機historische Dampflok 415が展示されています。この1897年 の歴史的にとても貴重な展示品は、2016年にウィーン近郊のザンクト・ペル テンからアウクスブルクに輸送されました。 ルンドハウスヨーロッパ „Rundhaus Europa“ と名付けられたこの文化・博 物館プロジェクトでは、ヨーロッパ各国の歴史的な機関車29両が、ヨーロッ パの文化史を伝えています。

オーストリアのアンバサダー機関車は、1897年にウイーンの「k.u.k. privilegierte Südbahn-Gesellschaft」で製造されました。この特急用蒸気 機関車415号機Schnellzug-Dampflokomotive Nr. 415は、1世紀に渡 る鉄道史を象徴しています。 このほか、工房の雰囲気を持つ3つの歴史的な蒸気機関車館や、歴史的な 鍛冶場も展示されていて、 2021年10月10日、皇后陛下を演じるサビーネ・ロッセガー氏が「アウクスブ ルク鉄道公園」„Bahnpark Augsburg“と歴史的な蒸気機関車「415」を訪問 しました。

トリエステ

シシィの時代、トリエステはオーストリア王国の最も重要な港湾都 市であり、かつてのウィーンからの南方鉄道の終着駅でした。 1878年、現在の駅舎であるトリエステ中央駅Trieste Centraleが 建設され、開業しました。

オーストリア・ハンガリー帝国時代には、1906年にオーストリア・ハ ンガリー鉄道が建設したトリエステ州立鉄道駅(Trieste Sant'Andrea)という別のメインターミナルがありました。当時、 ウィーンからの旅客はトリエステ・サンタンドレア駅 Bahnhof Trieste Sant’Andrea に到着していましたが、この駅は1923年に 「トリエステ・カンポ・マルツィオ」と改称されました。 現在、この壮大な建物は鉄道博物館「トリエステ・カンポ・マルツィ オ博物館」Museo di Trieste Campo Marzioとして、鉄道の世界 だけに特化した博物館になっています。1906年に建てられたこの 終着駅は、ヨーロッパでも珍しいユーゲントスティール様式の建築 物であり、この展示の一部にもなっています。

駅舎の外には、戦災の賠償金として支払われた機関車やオーストリア・ハン ガリー製、ドイツ製の貨車などが展示されています。このように、これらの列 車は偉大な歴史とその領地をミニチュアとして映し出しているのです。

2021年6月11日から、トリエステとウィーンの接続が再び活発になりました。 ユーロシティは、1857年にウィーンからグラーツ〜マリボル〜リュブリャナを 経由するk.u.k.特権南方鉄道が建設したのと同じルートを、トリエステまで一 日一本で運行しています。150年の時を経て、この路線は再び本領を発揮 することになりました。

メラーノ

19世紀、メラーノがヨーロッパの鉄道網に接続されると、おしゃれな保養地と して発展しました。広々とした、建築的にも洗練された駅舎が建設され、 2004年からは建築物保護指定を受けています。 1859年、ルイジ・ネグレッリによってウィーン新古典主義様式で設計された 駅がオープンした。ユーゲントスティールの装飾が施されたメラノ・クアハウ スや、1883年に建てられたグランドホテルの建築が、印象的な街並みを作 り出しています。

ブタペスト

1884年に開業したネオルネッサンス様式の終着駅は、中欧で最も近代的な 駅のひとつとされました。 駅構内には、機関車の発明者であるJ・ワットとG・スティーブンソンの像があ り、素晴らしいフレスコ画に囲まれています。

ゲデレー

駅舎は1867年に開業し、フランツ・ヨーゼフ1世とシシィが定期的に行き来し ていました。ウィーンからゲデレーまでは、いつも側近を乗せて列車で移動 していました。ロイヤルウエイティングルームは宮殿が管理しており、夫妻が 到着すると建物入り口から列車までの間にレッドカーペットが敷かれました。 ブダペストからギョデレ間の経路は、今日も「王道コース」とも呼ばれていま す。年に一度、ニュガティ駅から旧線路に沿って、エリザベート皇后が愛した ゲデレー城へ向かうシシィ号が走ります。

ポッセンホーフェン、シュタルンベルク

ポッセンホーフェン駅の建設の創始者であるマクシミリアン2世は、開業前に 亡くなりました。 彼の息子ルートヴィヒ2世は建設プロジェクトを継続し、フェ ルダーフィンゲン城の基礎壁の一部を駅舎に使用することを約束しまし た。〜これは当時センセーションを巻き起こしました。 シシィ皇后は、それぞれの工事の進捗状況を主に手紙から知ることになりま す。エリザベートが蒸気機関車で初めてポッセンホーフェンの駅に停車し、 宮殿の正面玄関まで行くことができたのは、1869年7月のことでした。 しかしその後、時代の流れで駅舎の老朽化が激しくなり、補修工事は避けら れなくなりました。王のサロンは、昔ながらの手法で可能な限り元の状態に 戻されました。 現在、ポッセンホーフェン駅にはエリザベート皇妃博物館 Kaiserin-Elisabeth-Museum があり、歴史的で豪華なウエイティングルー ムに常設展示されています。